コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カズラ(蔓∥葛) カズラ

世界大百科事典 第2版の解説

カズラ【カズラ(蔓∥葛)】

つる草の総称。ヒカゲノカズラテイカカズラスイカズラサネカズラなどはその例である。上代つる草を髪に結んだり,巻きつけたりして頭の飾りとし,これを鬘(かずら)といった。そのためつる草を〈かずら〉と称するようになったという。鬘は〈髪つら〉の略,〈髪つら〉の〈つら〉は〈つる〉の古名で,長く連なるので〈つら〉といったものらしい。ただし,のちにはつる草に限らず,ヤナギタチバナサクラ,ウメ,ユリ,ショウブ,ムラサキグサ,イネ,藻などの植物も鬘に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone