カセグレン式反射望遠鏡(読み)カセグレンしきはんしゃぼうえんきょう

大辞林 第三版の解説

カセグレンしきはんしゃぼうえんきょう【カセグレン式反射望遠鏡】

凹の放物面鏡を主鏡、凸の双曲面鏡を副鏡として、焦点を主鏡の中心にあけた孔あなの直後に結ばせる反射望遠鏡。主軸上の無限遠にある点の像に対して球面収差がない。フランスの医者・天文学者カセグレン(G.D. Cassegrain1625~1712)が考案。 → ニュートン式反射望遠鏡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android