コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カセトメータ cathetometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カセトメータ
cathetometer

高さの差を精密に測定する測量機械。水準器と調節ねじで鉛直にできるようになったしっかりした柱に,水平に調整した望遠鏡が取付けられている。この望遠鏡は柱と望遠鏡の支持台についたねじで上下でき,しかも「がた」がなく常に水平になるようにしてある。したがってある高さで一つの測定点を望遠鏡で見,その高さを柱についた副尺つき目盛りで読み,次にほかの測定点を見てその目盛りの値を前の値から引けば高さの差を精密に測定することができる。物理実験でもよく利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android