コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタシオグサ

1件 の用語解説(カタシオグサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

カタシオグサ

からだは肉眼でもわかる円柱状の長い細胞が一列に連結し,枝分かれする糸状体。二叉状または三叉分枝をするが,分枝の数はあまり多くない。分枝の角度(腋)は非常に狭い。手触りは硬い。生体は鮮緑色〜青みがかった黄緑。属名「Cladophora」は女性名詞で,ギリシャ語の「clados(枝)+ phora(有する)」に由来する。種小名「ohkuboana」は人名「大久保三郎」に由来する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタシオグサの関連キーワード視覚認識網みどろ篩管紅炎斜円柱オニクサ象牙芽細胞トサカノリパネート細胞マコンブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone