コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタナンセ かたなんせ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタナンセ
かたなんせ
[学]Catananche coerulea L.

キク科の多年草であるが、一般には一年草として扱う。和名ルリニガナまたはコヤグルマギク。南ヨーロッパ原産。草丈40~60センチメートル、茎は細くて硬く、軟毛がある。葉はほとんど全部根出葉で狭披針(きょうひしん)形、毛があり灰白色を呈す。頭状花は径5センチメートルですべて舌状小花からなり、青色で基部は紫青色、中心は黒紫色。総包葉は乾膜質で真珠のような白色である。花期は初夏。日当りのよい、やや乾燥した所を好む。古株になると花つきが悪くなるので、一年草として扱う。日本では梅雨後の湿度と高温で枯死するので、秋播(ま)きにして春定植する。切り花、ドライフラワーに適する。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android