コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタハノハネモ

1件 の用語解説(カタハノハネモの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

カタハノハネモ

からだは羽根状(片羽根状)で,主軸は密に叢生し,不規則に分枝し,先端部が屈曲する。枝から小枝(小羽枝)が2列 に出るが,特に枝の先端付近において小枝が1方を向くため,片羽根状に見える。その小枝も先がやや曲がるものがよく見られる。主軸,枝,小枝の間には隔壁 は見られない。手触りはとても柔らかい。生体は緑色から暗緑色。属名Bryopsisは女性名詞で,概形が細かい葉のコケに似ることを表すギリシャ語の「Bryum(コケの属名)+opsis(似)」に由来する。種小名harveyanaは人名「Harvey」にちなむ。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタハノハネモの関連キーワード羽根車案内羽根固定羽根小羽根小羽根釘追羽根羽根突き羽根布団遣り羽根羽根

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone