コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタハノハネモ

海藻海草標本図鑑の解説

カタハノハネモ

からだは羽根状(片羽根状)で,主軸は密に叢生し,不規則に分枝し,先端部が屈曲する。枝から小枝(小羽枝)が2列 に出るが,特に枝の先端付近において小枝が1方を向くため,片羽根状に見える。その小枝も先がやや曲がるものがよく見られる。主軸,枝,小枝の間には隔壁 は見られない。手触りはとても柔らかい。生体は緑色から暗緑色。属名Bryopsisは女性名詞で,概形が細かい葉のコケに似ることを表すギリシャ語の「Bryum(コケの属名)+opsis(似)」に由来する。種小名harveyanaは人名「Harvey」にちなむ。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android