カタンガ岩(読み)カタンガがん(英語表記)katungite

岩石学辞典の解説

カタンガ岩

KがNaよりも多いアルカリ超塩基性の火山岩で,主にメリライトと橄欖(かんらん)石からなり,カリはKに富むネフェリン,カリオフィライト,リューサイト,ゼオライト,ガラスに含まれる[Holmes : 1937].ガラスがあるマフル岩に相当する.ウガンダ(Uganda)南西,アンコル(Ankole)地方のカタンガ(Katunga)火山に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android