カチャッピ(英語表記)Kajapi; Kachapi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチャッピ
Kajapi; Kachapi

東南アジアの撥弦楽器。名称の原拠はインドのカチャッピービーナー Kacchapī-vīnāによるもので,サンスクリットでは亀の意。 (1) 一般に舟形琴 boat luteまたは棒琴 (匏琴) の通称とされ,舟形の胴体またはふくべを半裁した共鳴胴をもつリュート属の楽器で,地域によりケチャッピ,カチャップ,カサッピ,カザッピ,クジャッピなどと転訛して称し,マレーシア,タイ,インドネシアのジャワ,スマトラ,ボルネオ,スラウェシ,小スンダ列島,フィリピンに伝播する。 (2) 西ジャワのものは,舟形の共鳴箱の上に柱を立てて弦を張るツィター属のものに発達し,箱の横から転手式の糸巻を出すが,糸巻を使用しないで,ピンで弦を留めるものもある。弦は6~18本の金属弦で,数は一定しない。スレンドロにもペロッグにも,マデンダにも調弦する。スリンやタラワンサなどとともに民謡や民族詩劇などの伴奏に用いられる。 (3) マレーシアでは,2~3弦の竹筒琴や6弦の竹皮琴のことをもいう。 (4) タイでは,クラチャッピのことをなまっていうことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カチャッピ【katjapi】

インドネシアの弦鳴楽器の一。舟型の共鳴胴上に七~二四本の金属弦を張ったものと、細い舟型の胴に一、二本の弦を張ったものがある。クチャッピ。ケチャッピ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android