コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシウス・ディオ Cassius Dio Cocceianus

1件 の用語解説(カッシウス・ディオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カッシウス・ディオ【Cassius Dio Cocceianus】

150ころ‐235
ローマ帝政期の歴史家。小アジアニカエアに生まれ,コンモドゥス帝治下に元老院議員となる。セウェルス朝期には,194年法務官(プラエトル)に就任し,205年および229年に執政官(コンスル)職にあった。その間,属州アフリカの総督,属州ダルマティアおよびパンノニアの知事を務めた。彼の執筆活動はギリシア語でなされ,セプティミウス・セウェルス帝治世に同帝の夢と前兆を扱った作品に始まった。その後,193年の内乱を扱った作品を執筆中に計画を拡大して建国から229年までを対象とする《ローマ史》の著述に心血を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カッシウス・ディオの関連キーワードギボンコロヌスヨセフスリウィウス史家タキトゥスポリビオス歴史家羅馬古代ローマ帝国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone