コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシノ Cassino

翻訳|Cassino

世界大百科事典 第2版の解説

カッシノ【Cassino】

イタリア中部,ラツィオ州フロジノーネ県の都市。人口3万4590(1990)。ローマ時代はカシヌムCasinum,中世以降はサン・ジェルマノSan Germanoと呼ばれたが,1871年にカシヌムにちなんで現名に改称された。ローマ時代の円形劇場などの遺跡が付近に残っている。第2次世界大戦でドイツ軍のローマ防御線の重要拠点となり,連合軍の爆撃で壊滅したが,戦後再建され,この地方の商工業の中心地として多様な工業が立地している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カッシノの関連キーワードベネディクトゥス[ヌルシアの]ベネディクトゥス(ヌルシアの)モンテ・カッシノ修道院モンテ・カッシノ[山]トマス・アクイナスモンテカシーノベネディクト会音楽図書館時禱書

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android