カッチ

精選版 日本国語大辞典「カッチ」の解説

カッチ

〘名〙 (cutch) マングローブの樹皮から精製したタンニン剤。魚網材料にもめん、麻を使用した時代にはもっぱら網の防腐剤にした。→カッチ染め

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカッチの言及

【ヒルギ(漂木)】より

…どの種も東南アジアの熱帯域海岸に広く分布している。ヒルギの気乾樹皮は約40%のタンニンを含有し,その煎出液を煮つめて作ったものがカッチcutch(catechuともいう)で商業用のタンニン材料となる。材は堅く耐蟻性と耐塩水性があり,建築材,パルプ材とし,また良質の木炭の原料ともなる。…

※「カッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android