コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッツェンブッケル岩 カッツェンブッケルがんkatzenbuchelite

岩石学辞典の解説

カッツェンブッケル岩

Na値が高く長石に乏しいノゼアン─チングア岩斑岩である.ネフェリン,ノゼアン,黒雲母,橄欖(かんらん)石などの斑晶がガラス状または非常に細粒の石基に含まれている[Osann : 1903].ドイツ,オデンヴァルト(Odenwald)のカッツェンブッケル(Katzenbuckel)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android