コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッパドキアの奇岩群

1件 の用語解説(カッパドキアの奇岩群の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カッパドキアの奇岩群

トルコ中部アナトリア高原にある観光地。火山の噴出物でできた凝灰岩の台地が風雨に浸食され、キノコ状の奇岩が連なる景観を作り出した。ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教の修道士らが岩をくりぬいて住居や宗教施設を建設し、地下都市も造られた。1985年、世界遺産に登録。年間200万人が訪れると言われる。

(2013-09-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッパドキアの奇岩群の関連キーワードアナトリアアララトアンカラカイセリコニヤチャタルヒュユクディブリーマラティアアナトリアン・シェパード・ドッグトロス[山脈]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone