カッパドキアの奇岩群

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カッパドキアの奇岩群

トルコ中部アナトリア高原にある観光地火山の噴出物でできた凝灰岩台地風雨に浸食され、キノコ状の奇岩が連なる景観を作り出した。ローマ帝国弾圧を逃れたキリスト教の修道士らが岩をくりぬいて住居や宗教施設を建設し、地下都市も造られた。1985年、世界遺産に登録。年間200万人が訪れると言われる。

(2013-09-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android