カッパーウェルド線(読み)かっぱーうぇるどせん(英語表記)copper-clad steel wire

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッパーウェルド線
かっぱーうぇるどせん
copper-clad steel wirecopper covered steel wire

鋼線の表面に銅を被覆した電線。銅覆鋼線ともいう。銅の厚さによって導電率を20~40%の範囲で変えられる。銅線よりも強度が高いため送電線、架空地線、通信線などに使用されている。[佐久間照夫・大木義路]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android