コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッピング

1件 の用語解説(カッピングの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カッピング

コーヒーの味や香りを評価する作業。ワインの「テイスティング」にあたる。挽(ひ)かれた10グラムコーヒー豆を220ccのカップに入れ、熱湯を注ぐ。4分後、カップの底まで4回混ぜて香りをかぎ、カッピングスプーンですくって口に含む。透明感、甘み、酸味、触感、風味、後味などを0~8の点数で評価する。時間の経過とともに味や香りが変化するため、通常1時間かける。1999年開始の国際品評会「COE」(カップ・オブ・エクセレンス)でのカッピングで、出品された豆がスペシャルティコーヒー格付けされる。

(2013-09-30 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッピングの関連キーワード珈琲コーヒーの木ダッチコーヒーレギュラーコーヒーコーヒー茶コーヒー豆小岩井 コーヒーコーヒーの日コーヒーフィルター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カッピングの関連情報