コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテンソウ(花点草) カテンソウNanocnide japonica Bl.

世界大百科事典 第2版の解説

カテンソウ【カテンソウ(花点草) Nanocnide japonica Bl.】

春先,低山地の日だまりに群生して花をつけるイラクサ科多年草イラスト)。小型の植物なので,開花期以後は目にとまりにくい。属名は小さな(nano‐)イラクサの仲間(cnido)を意味する。茎は高さ10~25cm,多数の走出枝をだし活発な栄養繁殖を行う。葉は互生し,小型の三角状卵形で両面にまばらな毛がある。花は単性花で,雄花序は長柄があり茎の上部から抜き出て3~4月に咲く。雌花序の柄は短く,上部の葉の葉腋(ようえき)につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone