コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドフィセース[1世] Kadphises I

世界大百科事典 第2版の解説

カドフィセース[1世]【Kadphises I】

古代インド,クシャーナ朝の王。在位は一説によると後30‐91年ころ。生没年不詳。クジューラ・カドフィセースKujūla Kadphisesの名でも知られ,中国の史書《後漢書》では丘就郤と記される。大月氏支配下のバクトリアの5翕侯(きゆうこう)(諸侯)の一つ貴霜(きそう)(クシャーナ)翕侯の出身。他の4翕侯を倒して王と称し,西北インドのガンダーラ地方に進出。クシャーナ帝国の基礎を築いたのち,80余歳で死去した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカドフィセース[1世]の言及

【クシャーナ朝】より

…5翕侯については,彼らを土着の民族とみる説と,大月氏の一族とみる説とがある。1世紀半ばごろ,5翕侯の一つを出していたクシャーナ族が,クジューラ・カドフィセース(カドフィセース1世)のもとに強大となった。彼は他の4翕侯を倒して自ら王と称し,南方のガンダーラ地方にまで征服軍を進めた。…

※「カドフィセース[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android