コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドミウム・イエロー cadmium yellow

翻訳|cadmium yellow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カドミウム・イエロー
cadmium yellow

絵具の色名の一つ。硫化カドミウムから成る黄色顔料。 1817年 F.シュトローマイヤーによって発見されたが,油絵具として用いられたのは 29年で,広く市販されたのは 46年以降。色相は淡黄色から橙黄色まで,すなわちレモンペール,レモンライト,レモンディープ,オレンジの各種がある。熱によって暗色化するが,もとに戻る性質がある。この顔料は油絵具では不透明色で被覆力が大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カドミウム・イエローの関連キーワードコンポーズド・グリーンネープルス・イエローカドミウム・グリーン毒物及び劇物取締法方硫カドミウム鉱クロムイエロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android