カドミウム比(原子炉)(英語表記)cadmium ratio

法則の辞典の解説

カドミウム比【cadmium ratio】

原子炉中性子束を,熱中性子と共鳴中性子とにエネルギーを区分して測定するためのもの.金属カドミウムの厚さ1mmぐらいのもので試料を被覆すると,中性子エネルギー0.4eV以下の部分がほとんど吸収されてしまうので,熱中性子由来の影響をカットできる.このときの飽和放射能の比をいう.比較的大きなエネルギーをもつ中性子の影響を示す指標.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android