コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダのイヌイット

1件 の用語解説(カナダのイヌイットの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カナダのイヌイット

朝日新聞の記者とカメラマンだった本多勝一氏と藤木高嶺氏が63年5月中旬から1カ月半、カナダ北極圏先住民と暮らし、狩猟生活をルポした。「カナダ・エスキモー」と題して夕刊1面で51回連載、本にもなり大きな反響を呼んだ。その後、カナダでは「エスキモー」の呼び名が差別的だという認識が広がり、民族の名称に「イヌイット」を使うようになった。

(2008-06-23 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナダのイヌイットの関連キーワード朝日新聞カメラマンプレスカメラマンカメラ記者クラブカナダ・エスキモー川尻東馬本多勝一本多精一村田孜郎涌島古代子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナダのイヌイットの関連情報