コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナダ・エスキモー

1件 の用語解説(カナダ・エスキモーの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カナダ・エスキモー

朝日新聞の記者とカメラマンだった本多勝一氏と藤木高嶺氏が63年、カナダ北極圏で先住民の生活をルポした。「エスキモー」という言葉には「生肉を食べる者」という意味があるとされ、カナダでは70年代から民族名称に「イヌイット」を使っている。「エスキモー」は一部地域や極北全体の先住民を指す言葉として今も使われることがある。

(2008-06-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナダ・エスキモーの関連キーワード朝日新聞カメラマンプレスカメラマンカメラ記者クラブカナダのイヌイット川尻東馬本多勝一本多精一村田孜郎涌島古代子

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone