コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナバニン カナバニン canavanine

2件 の用語解説(カナバニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナバニン
カナバニン
canavanine

アミノ酸の一種。次の化学式で表わされる。H2N(=NH)CHNOCH2CH2CH(NH2)COOHL体はマメ科植物中に存在する。融点 182~183℃。ウイルス,植物などの生長を阻害する作用がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

カナバニン

 C5H12N4O3 (mw176.18).H2NC(NH)NHOCH2CH2CH(NH2)COOH.通常のタンパク質を構成するアミノ酸以外のアミノ酸の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナバニンの関連キーワードリジンアミノ酸醤油アミノグラムアミノ酸組成アミノ酸尿アミノ酸バランス中性アミノ酸尿二塩基アミノ酸尿非必須窒素遊離アミノ酸

カナバニンの関連情報