コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナブン カナブン Rhomborrhina japonica

4件 の用語解説(カナブンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナブン
カナブン
Rhomborrhina japonica

鞘翅目コガネムシ科。体長 23~29mm。体は銅色,銅緑色または緑色でエナメル光沢がある。頭部は長方形,前胸背はほぼ三角形で,上翅側縁は肩部よりやや後方でえぐれる。四国,九州,朝鮮などに分布し,夏季クヌギなどの樹液に集る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カナブン

コガネムシ科の甲虫の1種。体長25mm内外,エナメル光沢のある茶色か青銅色,時に緑色や紫青色。本州,四国,九州,朝鮮,中国大陸に分布。成虫は夏に現れ,昼間活動し,樹液や熟した果実に集まる。
→関連項目ハナムグリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カナブン【Rhomborrhina japonica】

甲虫目コガネムシ科の昆虫。夏出現し,ブーンと羽音をたててクヌギなどの樹液に集まることで知られているが,モモなどの果実にも飛来し汁を吸う。体は銅色,または銅緑色でエナメルのような光沢がある。英名のcupreous polished chaferはこれによる。またその羽音からdrone beetleとも呼ばれる。体長25mm内外。本州,四国,九州,対馬,朝鮮半島などに分布する。成虫は夏季に朽木,または腐葉土の中に産卵,幼虫はそれら腐植質を食べて育つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナブン
かなぶん /
[学]Rhomborrhina japonica

昆虫綱甲虫目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属する昆虫。本州、四国、九州、対馬(つしま)のほか朝鮮半島、中国に分布し、平地から低山地の雑木林におり、クヌギなどの樹液に集まる。体長25ミリメートル前後、長方形で前方は狭まり、体表は銅褐色ないし銅緑色で油状の光沢をもつ。上ばねの下から後ろばねを出し、よく飛ぶ。同属のアオカナブンR. unicolorはすこし細形で美しい草緑色に光り、山地に多く、クロカナブンR. politaは真黒色で光沢があり、両種ともカナブン同様に樹液に集まる。台湾や南方域には多くの種がいる。なお、スジコガネ亜科に属するドウガネブイブイ、サクラコガネなど、夜間灯火に飛んでくるコガネムシ類のことを俗にカナブンとよぶこともある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナブンの関連キーワードヒメコガネヤンバルテナガコガネ銅鉦蚉蚉黄金虫粉吹金亀子アカハネムシクソムシ(糞虫)コガネムシ(黄金虫∥金亀子)テナガコガネ(手長黄金)マメコガネ(豆黄金)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナブンの関連情報