カナール・アンシェネ(読み)かなーるあんしぇね(英語表記)Le Canard enchané

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナール・アンシェネ
かなーるあんしぇね
Le Canard enchan

1915年に創刊されたフランスの週刊風刺新聞。タイトルは「鎖につながれたアヒル」の意。毎週のおもなニュースを皮肉な目でとらえて、徹底的な社会批評を加えることで有名。語呂(ごろ)合せやパロディー、風刺漫画には定評があり、とくにインテリ階層に愛読者が多い。ジスカール・デスタン大統領が中央アフリカのボカサ皇帝からダイヤの贈り物を受け取った事件をスクープ(1981)するなど、政治スキャンダルの暴露でも活躍。[伊藤力司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナール・アンシェネの関連情報