カニクイザル(蟹食猿)(読み)カニクイザル(英語表記)crab‐eating monkey

世界大百科事典 第2版の解説

カニクイザル【カニクイザル(蟹食猿) crab‐eating monkey】

霊長目オナガザル科の旧世界ザル(イラスト)。インドシナ半島からインドネシアフィリピンにかけて分布し,主として海岸川岸の低地林に生息する。地方差がかなり見られ多くの亜種に分けられる。カニを食べる習性よりその名がつけられたが,野生状態では果実昆虫などを主食としており,とくにカニだけを好むということはない。頭胴長50~60cm,尾長40~50cmで,体重は4~6kgに達する。毛色は灰褐色から赤褐色まで変異が大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android