コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニシカ王立像(読み)カニシカおうりゅうぞう(英語表記)Kaniṣka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニシカ王立像
カニシカおうりゅうぞう
Kaniṣka

インド,クシャン朝時代の著名な銘文つきのカニシカ王の立像。 1911~12年バラモン教徒クリシュナがマトゥラ市北方のマート部落のバラモン教寺院跡で発見。頭部,両腕を欠いて原形はとどめない。正面の衣の裾に沿って Mahârâjâ râjâtirâjâ devaputro Kaniṣko (大王,王の王,天子,カニシコ) の銘文がある。像は袖つきのペルシア風マントをまとい,長靴をはいて右手をマカラ文様のある武器の上端に載せ,左手で長剣の柄を握る。像高 185cm。マトゥラ考古博物館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android