コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニツリグサ(蟹釣草) カニツリグサ Trisetum bifidum

2件 の用語解説(カニツリグサ(蟹釣草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニツリグサ(蟹釣草)
カニツリグサ
Trisetum bifidum

イネ科の多年草。日本全土および中国,朝鮮半島,台湾に分布し,路傍,草地に自生している。高さは 40~80cmで,葉は線形をなし比較的短い。茎は立上がって葉鞘のある葉が互生し,茎の頂端に花穂をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カニツリグサ【カニツリグサ(蟹釣草) Trisetum bifidum (Thunb.) Ohwi】

草原や道端に普通のイネ科の多年草(イラスト)。和名は,子どもがこの草の茎でサワガニを釣って遊ぶからついたという。まばらな株を作り,茎は高さ60cmくらいで,細く,葉とともに軟らかい。葉は線形で,長さ15cm,幅は5cmくらいで,葉身の裏面と鞘(さや)に毛がある。花序は5~6月ころ,茎の頂にあらわれ,やや密な円錐形で,先端は多少垂れ,長さ20cmくらいあり,初めは多少紫色を帯びるが,後では黄褐色になり,多少光沢がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カニツリグサ(蟹釣草)の関連キーワードカモジグサトボシガラリボングラス牛繁縷蟹釣草小茄子塔花四葉葎油薄大地縛り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone