コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニムシモドキ tailless whip‐scorpion

2件 の用語解説(カニムシモドキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カニムシモドキ【tailless whip‐scorpion】

カニムシモドキ科Charontidaeに属する節足動物の総称で,ウデムシ科とともに蛛形(ちゆけい)綱中の1目,無鞭類Amblypygiを形成する。第1歩脚は著しく細長くなり歩行時の触覚器官として働く。全体の形がカニムシに似ているので,この名がついた。体長8~25mmで,第2~4歩脚末端に肉盤と呼ばれる吸盤をもち垂直面や天井を歩くこともできる。中央アメリカとその近隣,東南アジアインドスリランカアフリカ南部,太平洋の南方諸島などに分布し,日本にはいない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニムシモドキ
かにむしもどき / 蟹虫擬
[学]Charon grayi

節足動物門クモ形綱無鞭(むべん)目カニムシモドキ科Charontidaeの陸生動物。この科には8属25種が知られ、多湿な東アジア南部と太平洋の諸島に分布し、体は小さく、おもに洞穴性。カニムシモドキでは雌30ミリメートル、雄27ミリメートル。体は平たく、前体背面は平滑卵形の背甲となり、目はその前縁近くに1対と、背甲左右に3個ずつの計8個ある。後体は12節。触手は強大で内側に刺状突起を多数もっている。光を嫌い歩行はすばしこい。長い第1脚を触角のように振りながら、第2脚から第4脚で歩く。捕食性でゴキブリやコオロギなどを触手でつかまえて食べる。第2脚から第4脚の(ふせつ)に肉盤があるので、洞穴の天井なども歩行することができる。[森川国康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニムシモドキの関連キーワード蟹虫黒梅擬蠍擬擬蟻擬蟷螂擬天牛鼈擬鶴擬藤蔓擬風鈴梅擬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone