コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヌレイウス Canuleius, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヌレイウス
Canuleius, Gaius

前5世紀頃のローマの政治家。前 445年護民官 (→トリブヌス・プレビス ) 。パトリキ (貴族) ,プレプス (平民) 間の通婚を認めるカヌレイウス法をプレプスの母より出生の子を正系とし,パトリキの氏族 (ゲンス ) に入籍することを認めることによって成立させたと伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android