コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヌレイウス Canuleius, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヌレイウス
Canuleius, Gaius

前5世紀頃のローマの政治家。前 445年護民官 (→トリブヌス・プレビス ) 。パトリキ (貴族) ,プレプス (平民) 間の通婚を認めるカヌレイウス法をプレプスの母より出生の子を正系とし,パトリキの氏族 (ゲンス ) に入籍することを認めることによって成立させたと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android