コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネタタキ(鉦叩き) カネタタキOrnebius kanetataki

世界大百科事典 第2版の解説

カネタタキ【カネタタキ(鉦叩き) Ornebius kanetataki】

直翅目カネタタキ科の昆虫(イラスト)。低木上にすむ小型のコオロギの1種。はチンチンチンと鉦をたたくように鳴くので,この名があり,秋の鳴く虫の一つとして親しまれている。関東以西の本州,四国,九州や中国大陸に分布する。体長は9~12mm。成虫は夏の終りから秋にかけ,山野の低木や庭木,生垣上にふつうに見られる。体は扁平で,雄の頭胸部茶褐色腹部黒褐色をしているが,前胸背板や翅を除き,全身灰褐色の鱗片で覆われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android