コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネヒラ(鯛) かねひら

世界大百科事典内のカネヒラ(鯛)の言及

【キントキダイ(金時鯛)】より

…本州中部以南の西部太平洋,インド洋に広く分布している。南日本ではふつうに見られ,神奈川県三崎でキンメ,和歌山県でキントキ,高知県でキントウジまたはカネヒラ,福岡県でウマヌスット,鹿児島県でセマツダイと呼ばれる。全長30cmに達する。…

【クルマダイ(車鯛)】より

…スズキ目キントキダイ科の海産魚(イラスト)。房総半島,江の島でカゲキヨ,高知県でカネヒラ,和歌山県田辺でキントキまたはマンネンダイ,鹿児島県でヒレダイと呼ぶ。南日本からフィリピン,東インド諸島,アフリカ東岸に広く分布している。…

※「カネヒラ(鯛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android