コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネボウ化粧品の白斑症状問題

1件 の用語解説(カネボウ化粧品の白斑症状問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カネボウ化粧品の白斑症状問題

これまでに全国の約1万9千人が被害をカネボウに申告した。カネボウは被害者への休業補償や慰謝料は「回復時に払う」とし、「完治かほぼ回復」と申告した約6500人が慰謝料や補償を受けることで合意している。症状が比較的重いと判断した約4千人に一時金を出し、長期にわたって回復が見込めない人には補償金の支払いを検討している。カネボウに損害賠償を求める集団訴訟は静岡、広島の両地裁で起こされている。仙台地裁への提訴では、宮城、福島、岩手、青森、秋田、山形各県に住む男女約20人が原告となる予定。カネボウは「訴状や連絡が届いておらず答えようがないが、裁判になれば誠実に対応していく」としている。

(2014-09-18 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カネボウ化粧品の白斑症状問題の関連キーワードカスリーン台風外国人登録者数広島空港の国際線ヒロシマ・ナガサキ原爆展南北離散家族パキスタン大地震台風21号豪雨ハワイへの官約移民原子爆弾被害者プレハブに今も2万4千人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone