コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネミ油症と仮払金返還問題

1件 の用語解説(カネミ油症と仮払金返還問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カネミ油症と仮払金返還問題

68年、カネミ倉庫(北九州市)製の米ぬか油にポリ塩化ビフェニール(PCB)が混入し、油を食べた長崎、福岡などの人たちが皮膚炎や内臓疾患を訴えた。被害者が国に損害賠償を求めた7件の裁判のうち2件は地高裁で勝訴。いったんは国から約830人に仮払金27億円が支払われた。しかし、上級審で敗訴する見通しとなったことから、患者側は訴えを取り下げ、国が仮払金の返還を求めてきた。

(2007-03-21 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カネミ油症と仮払金返還問題の関連キーワードカネミ油症北九州市北九州市立大学カネミ油症救済小倉北九州北九州空港カネミ油症事件東九州自動車道の無料区間加藤三之輔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone