コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバカバ かばかば

1件 の用語解説(カバカバの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

かばかば【カバカバ】

カバカバは南太平洋の島で古くから親しまれてきた精神高揚剤で、コショウ科の植物の根から抽出されます。
 少量摂取すると、気分が晴れやかになり、落ち着いて眠ることができます。少し多めに摂取すれば、短時間で深い眠りに入れます。また更年期によるストレスや不安感、顔面の紅潮も解消すると報告されています。
○栄養成分としての働き
 カバカバには、天然の筋弛緩剤(きんしかんざい)であるカワラクトーンという物質が含まれていることが判明しました。カワラクトーンは精神、肉体の両方に効果があり、不安解消の作用は処方薬と同等かそれ以上といわれています。しかも、アルコールや鎮静剤とはちがって、注意力や集中力が失われることがなく、習慣性もきわだった副作用もありません。
 ドイツでは精神性不安、ストレスの治療薬として使われており、アメリカでも注目のサプリメントです。
○注意すべきこと
 眠気を誘うので、運転の際はひかえてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

カバカバの関連キーワード南太平洋樺の木袖カバー馬鹿馬鹿しいブックカバー枕カバーカバヤパンノキ(の実)ブーツカバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone