コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバカバ かばかば

1件 の用語解説(カバカバの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

かばかば【カバカバ】

カバカバは南太平洋の島で古くから親しまれてきた精神高揚剤で、コショウ科の植物の根から抽出されます。
 少量摂取すると、気分が晴れやかになり、落ち着いて眠ることができます。少し多めに摂取すれば、短時間で深い眠りに入れます。また更年期によるストレスや不安感、顔面の紅潮も解消すると報告されています。
○栄養成分としての働き
 カバカバには、天然の筋弛緩剤(きんしかんざい)であるカワラクトーンという物質が含まれていることが判明しました。カワラクトーンは精神、肉体の両方に効果があり、不安解消の作用は処方薬と同等かそれ以上といわれています。しかも、アルコールや鎮静剤とはちがって、注意力や集中力が失われることがなく、習慣性もきわだった副作用もありません。
 ドイツでは精神性不安、ストレスの治療薬として使われており、アメリカでも注目のサプリメントです。
○注意すべきこと
 眠気を誘うので、運転の際はひかえてください。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone