コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバラ Kavala/Καβαλα

デジタル大辞泉の解説

カバラ(Kavala/Καβαλα)

ギリシャ北部、マケドニア地方東部の港湾都市。エーゲ海北岸、カバラ湾に面する港をもち、タバコ集散地として有名。古代ローマ時代より、古代都市フィリピの外港として栄えた。東ローマ帝国時代の城塞オスマン帝国時代の大宰相イブラヒム=パシャが建設した水道のほか、近代エジプトの国家の基礎を築いたムハンマド=アリーゆかりの建物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カバラの関連キーワードゲルショム・G. ショーレムカバラ(ユダヤ教の神秘思想)エレアザール[ウォルムス]セーフェル・イェツィーラーカフカス・アルバニア王国ピコ・デラ・ミランドラムハンマド・アリーカバラ(ギリシア)サバタイ・ツビセフィロトの樹アイベシュッツハシディズムサモトラキ島タソス[島]薔薇十字運動パス(小径)アブラフィアカバラ数秘術キルヒャーロイヒリン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カバラの関連情報