カブリアス(英語表記)Chabrias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブリアス
Chabrias

[生]前420頃
[没]前357頃.キオス
古代ギリシア,アテネの傭兵隊長。ギリシア各地およびキプロス,エジプトで戦って武功を立て,特に前 376年ナクソスの戦いに勝って多くの都市を第2回アテネ海上同盟に加盟させた。神聖戦争に際しては,アテネ艦隊の司令官となり,前 357年頃キオスの港で勇戦,戦死。デモステネスは彼を将軍としてたたえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android