コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプチナー教会と皇帝墓所 カプチナーきょうかいとこうていぼしょ

1件 の用語解説(カプチナー教会と皇帝墓所の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カプチナーきょうかいとこうていぼしょ【カプチナー教会と皇帝墓所】

オーストリアの首都ウィーンにある、ハプスブルク家の歴代の王、皇帝とその家族が眠る墓所。同市街ノイアーマルクト広場にあるカプチン派修道会教会(Kapuzine Rkirche)の地下にある。この墓所には、マリア・テレジア家庭教師のフックス伯爵夫人を例外として、1633年以降に死去した皇帝や家族145人の遺骸が安置されている。オーストリア大公マリア・テレジアとその夫で神聖ローマ皇帝フランツ1世を納めた棺の装飾の見事さは、他を圧倒しているといわれる。この棺にはバルタサー・フェルディナント・モルの彫刻が施されている。なお、ここに1654~1878年までに葬られた人々の心臓は、別の場所のアウグスティーナ教会の特別地下室に安置されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone