コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプトル Kaptol

デジタル大辞泉の解説

カプトル(Kaptol)

クロアチアの首都ザグレブの中心部、旧市街の東側の地区名。11世紀末、ハンガリー王ラースロー1世が司教座を置いた中世の宗教都市に起源する。17世紀に隣接するグラデツと合併し、ザグレブと呼ばれるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカプトルの言及

【ザグレブ】より

… 先史時代の住居跡,ローマ時代の宿営地跡,中世前期の遺跡が発掘されている。1094年,司教座を得て現在のカプトル地区が発展し,西隣するグラデッツも独自の町へ成長していた。後者は1242年ハンガリー王ベーラ4世から自由都市と宣せられたが,同年モンゴル人が両地区を略奪した。…

※「カプトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カプトルの関連キーワードクロアチア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android