コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプローニ カプローニCaproni, Giorgio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプローニ
Caproni, Giorgio

[生]1912.1.7. リボルノ
[没]1990.1.22. ローマ
イタリアの詩人。平易な俗語と教養豊かな雅語とを巧みに組み合せて,日常生活の悲哀を詩に歌い込む点に特徴をもつ。みずからの作品を「自家製の叙事詩」と称している。主著『年代記』 Cronistoria (1943) ,『エネアを通って』 Il passaggio di Enea (1956) ,『涙の種』 Il seme del piangere (1959) ,『大地の壁』 Il muro della terra (1975) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カプローニの関連キーワード風立ちぬ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カプローニの関連情報