コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプローニ カプローニ Caproni, Giorgio

1件 の用語解説(カプローニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプローニ
カプローニ
Caproni, Giorgio

[生]1912.1.7. リボルノ
[没]1990.1.22. ローマ
イタリアの詩人。平易な俗語と教養豊かな雅語とを巧みに組み合せて,日常生活の悲哀を詩に歌い込む点に特徴をもつ。みずからの作品を「自家製叙事詩」と称している。主著『年代記』 Cronistoria (1943) ,『エネアを通って』 Il passaggio di Enea (1956) ,『涙の種』 Il seme del piangere (1959) ,『大地の壁』 Il muro della terra (1975) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプローニの関連キーワードマリボルリボルビング払いアイボルトリボ払いリボルバーダリボルカトリボルミネセンスマリボル城マリボル大聖堂リボルノ港

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプローニの関連情報