コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマ[川] Kama

翻訳|Kama

世界大百科事典 第2版の解説

カマ[川]【Kama】

ロシア連邦ヨーロッパ・ロシアの東部を流れる,ボルガ川左岸の最長の支流。長さ1805km,流域面積50万7000km2,ウラル山脈に源を発し,多くの支流をあつめ南西に流れてクイビシェフ貯水池(6450km2の人造湖)でボルガに合流する。カマ,ボトキン,ニジネカムスクなどの水力発電所があり,冬季の結氷期(12月~4月)をのぞき約1500kmが航行可能で,ペルミからアストラハン,ニジニ・ノブゴロド,モスクワへの定期航路があり,沿岸は風景の美しさで知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android