コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマキリ(蟷螂∥螳螂) カマキリmantis

翻訳|mantis

世界大百科事典 第2版の解説

カマキリ【カマキリ(蟷螂∥螳螂) mantis】

カマキリ目Mantodeaに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。カマキリの仲間は,夏の終りころから成虫が現れ,草間に多く見られる。肉食性。秋になると交尾し,やがて草の茎や小枝,または人家の外壁などに卵囊を産みつける。卵囊内の卵はそのまま越冬し,翌年5月ころに孵化(ふか)し,幼虫となる。幼虫時から捕食性が強く,一生の間に多量の小昆虫を捕食し,いわゆる益虫としての価値が高い。 日本のカマキリ類はカマキリ科Mantidaeとヒメカマキリ科Hymenopodidaeの2科よりなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカマキリ(蟷螂∥螳螂)の言及

【かまいたち(鎌鼬)】より

…しかし,旋風とイタチとがなぜ結びついたかは不明である。新潟県西蒲原郡の弥彦山と国上山の間の黒坂という所で転倒すると必ずこの害にあうといい,一方同県小千谷市片貝町のカマキリ坂には昔大カマキリがいて,この坂で転んだ者は鎌傷に似た傷を負わされて苦しんだと伝えている。カマキリを方言でカマイタチとよぶ例もあるから,両者に何らかの関係があるものと思われる。…

※「カマキリ(蟷螂∥螳螂)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カマキリ(蟷螂∥螳螂)の関連キーワードカマキリ(昆虫)網翅類

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android