コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマドウマ(竈馬) カマドウマ camel‐cricket

1件 の用語解説(カマドウマ(竈馬)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カマドウマ【カマドウマ(竈馬) camel‐cricket】

日本でふつうに見られる代表的な直翅目カマドウマ科の昆虫(イラスト)。体色がウマに似ていることと,古来人家のかまど付近にすみつくのでこの名が出た。古くはイトドと呼ばれたが,この実体はカマドコオロギを指すようである。体長15mm内外。全体に明るい褐色の無翅の昆虫。触角と脚の長いのが目だつ。とくに後脚は腿節(たいせつ),脛節(けいせつ)ともに長く,脛節の上面には細かいとげが並んでいる。体は全体が丸まった感じがあり,その色彩とともにエビを連想させ,コオロギ生活環境が似るところからエビコオロギの名もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カマドウマ(竈馬)の関連キーワードサラファン褶曲直翅類D線普通教育フロックスアカカマス切り袴フル代表ペドラ・デ・フェロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone