コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミナリウオ かみなりうお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カミナリウオ
かみなりうお / 雷魚

硬骨魚綱スズキ目ハタハタ科の海水魚であるハタハタの地方名。産地の秋田地方の呼び名で、漁期の冬に雷がよく鳴るのでこの名がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカミナリウオの言及

【ハタハタ(鰰∥鱩)】より

…北太平洋に広く分布しているが,日本では宮城県および島根県以北の北日本に生息している。秋田では産卵のため接岸する11月ころよく雷が鳴るためカミナリウオと呼ぶ。新潟県高田・能生でシマアジ,鳥取でカハタ,シロハタなどと呼ぶ。…

※「カミナリウオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カミナリウオの関連キーワードハタハタ(鰰∥鱩)鰰・鱩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android