コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミントン石 カミントンせきcummingtonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミントン石
カミントンせき
cummingtonite

単斜晶系,通常繊維状,褐色鉱物。 (Mg,Fe2+)7Si8O22(OH)2 。比重 3.1~3.6,硬度5~6。カミン (グ) トン (角) 閃石ともいう。直閃石とは多形関係。深成岩,高温度変成岩中に産する。南アフリカ産のものはアスベストの原料として使われる。これはクリソタイル・アスベストより酸に強いため特別の用途に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カミントン石の関連キーワードウラル石単斜晶系カミン角閃石硬度比重

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android