コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムランド かむらんど KamLAND

3件 の用語解説(カムランドの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

カムランド

東北大が岐阜県神岡鉱山地下に造ったニュートリノ観測装置。地球ニュートリノを捕らえた。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カムランド

カムランドは東大の「スーパーカミオカンデ」に続く宇宙線研究施設として、神岡鉱山内に2000年に完成した。東北大の観測施設で、直径18メートルの球体型。内部を水で満たすスーパーカミオカンデに対し、カムランドは特殊な液体を入れ、ニュートリノなど素粒子の観測感度を高めている。

(2012-11-20 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カムランド【KamLAND】[Kamioka Liquid scintillator Anti-Neutrino Detector]

Kamioka Liquid scintillator Anti-Neutrino Detector(「神岡液体シンチレーター反ニュートリノ検出器」の意)から》岐阜県の神岡鉱山跡にある、東北大学ニュートリノならびに反ニュートリノ反応の検出・観測装置。直径18メートルの球形タンクの内壁に1879個の光電子増倍管を取り付け、光電子が飛び込むと発光する、特殊な粘性の強い油状の物質で満たしてある。平成14年(2002)1月観測開始。→シンチレーター
[補説]この場所では、昭和59年(1984)から平成7年(1995)までカミオカンデが稼働していた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カムランドの関連キーワードSCIcoal-liquid-mixtureintercumulus liquidthermotropic liquid crystallyotropic liquid crystalliquid sinteringliquid nitridingliquid pintliquid level detectorliquid alloy

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カムランドの関連情報