コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメノテ(亀の手) カメノテMitella mitella

世界大百科事典 第2版の解説

カメノテ【カメノテ(亀の手) Mitella mitella】

蔓脚(まんきやく)亜綱ミョウガガイ科の小型甲殻類(イラスト)。本州以南の岩礁海岸の潮間帯の岩の割れ目などに固着,群生し,きわめてふつうに見られる。黄色い長三角形,指状にも見える殻をつけた掌に暗色手首をつけた,一見亀の手のような形に見えるのでこの名がある。本州からマレー半島まで広く分布する。体は3~4cmくらいの大きさのものが多く,頭状部と柄部に分かれている。頭部は扁平な三角形状,黄色,ときに黄褐色または黄緑色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android