コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメハメハ Kamehameha

デジタル大辞泉の解説

カメハメハ(Kamehameha)

ハワイの王朝。1795年、カメハメハ1世により成立、1810年にハワイ諸島を統一。カメハメハ3世の時代には立憲王国となるが、外国勢力の進出により次第に衰退、1872年カメハメハ5世の死により断絶。カラカウア王朝に引き継がれるも、1898年米国に併合された。
(1世)[?~1819]カメハメハ王朝の創始者。ハワイ島コハラの首長の家系に生まれる。カラニオプウ大首長の死後、内戦状態にあったハワイ島を平定して王朝を建てた。カメハメハ大王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カメハメハ【Kamehameha】

ハワイの王朝名。白人の助力を得た一世(大王)(1758~1819)により、1795年ハワイ諸島に初めて統一国家が築かれたが、外国勢力の圧力により五世(?~1872)をもって断絶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カメハメハの関連キーワードキングカメハメハセレブレーションカプアイワプウコホラヘイアウ国立歴史公園ハワイ島のカメハメハ大王像オアフ島のカメハメハ大王像モアナルアガーデンズナイノア トンプソンワイロア川州立公園イアオ渓谷州立公園カメハメハ(大王)ヌウアヌパリ展望台カメハメハ[大王]モアナルアガーデンカメハメハ[3世]カプアイワ椰子林フォスター植物園ビショップ博物館アフエナヘイアウアリイオラニハレエマ王妃夏の離宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カメハメハの関連情報