コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモガシラノリ

海藻海草標本図鑑の解説

カモガシラノリ

からだは小型で円柱状から扁円。分枝は不規則で密な叉状。分枝の角度は大きく,先端は鈍円になる。枝はところどころで癒着し,全体で密な半球状の塊とな る。春から初夏にみられ夏には消失する。手触りは軟骨質で柔らかい。生体は黄褐色だが干出して乾燥したものは黒っぽくなる。よって押し葉標本は黒くなる。 千葉県勝浦付近では食用として利用されている。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android