カモノハシ(植物)(読み)カモノハシ

百科事典マイペディアの解説

カモノハシ(植物)【カモノハシ】

本州〜九州の海岸の砂地などにはえるイネ科の多年草。茎は基部で屈曲,分枝して束生し,高さ30〜60cm,節に毛はない。7〜11月に開花。花穂は2本の直立する太い枝をもつが,それらは密着しているので1本の穂のように見える。小穂は長さ5〜6mm。日本全土の海浜に普通にはえるケカモノハシは,茎の節に毛があり,葉にも毛があることが多い。2片からなる花穂をカモのくちばしにたとえてこの名がついた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android