コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤネズミ(茅鼠) カヤネズミ harvest mouse

翻訳|harvest mouse

1件 の用語解説(カヤネズミ(茅鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カヤネズミ【カヤネズミ(茅鼠) harvest mouse】

ススキなどおもにイネ科の草の茎の間に葉で球形の巣をつくる小さなノネズミイラスト)。齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類ヨーロッパアジアの中部に分布し,日本では本州,四国,九州の平地から標高1200mまでに分布する。体長6cm,尾長7cm。体色は背側がオレンジ色,または黄褐色,腹側は白色から灰白色。尾は長く,物に巻きつけることができ,尾を支えにして茎を垂直に巧みに上り下りする。草地,水辺のアシなどの茂み,穀物畑などにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカヤネズミ(茅鼠)の言及

【ネズミ(鼠)】より

… 人間社会に半ば寄生して生活するドブネズミ(イラスト),クマネズミハツカネズミ(イラスト)の3種をふつうイエネズミ,他をノネズミという。
[形態]
 体は多くは小型で,体長が9~20cmのものが大半であるが,最小のものはトビネズミ科のバルチスタンコミミトビネズミSalpingotus michaelis(体長3.6~4.7cm,尾長7.2~9.4cm)で,日本産ではカヤネズミ(体長5.2~7.1cm,尾長5.2~9.1cm)である。最大種は,体長ではホソオフレオミスPhloeomys cumingi(体長28~48.5cm,尾長20~35cm,体重1.5~2kg),体重ではスマトラタケネズミRhizomys sumatrensis(体長48cm,尾長20cm,体重4kg),日本産ではケナガネズミ(体長28cm,尾長37cm,体重630g)。…

※「カヤネズミ(茅鼠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カヤネズミ(茅鼠)の関連キーワードチモシー髢草都笹油薄大油薄刈萱米薄早生尾花イネ科牧草 (grasses)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone